禁煙の考え
・なぜタバコを吸うのか?

・ニコチン中毒(1)

・ニコチン中毒(2)

・ニコレットについて

・プチ禁煙

・減煙

・意思が弱い場合

・禁煙セラピーについて

・私の失敗

・喫煙のデメリット

・喫煙のメリット

・禁煙開始

私の失敗

禁煙セラピーのおかげで一年半ほど続けた禁煙が、
失敗に終わったお話です。

1年半我慢しつづけたわけでなく、
1,2ヶ月くらいでタバコを吸いたくなる衝動はなくなりましたし
一生タバコを吸うことはないとまで考えていました。

ついタバコを吸ってしまった瞬間まで
タバコを吸いたいとは思っていませんでした・・・

その日はお盆の帰省ラッシュで夜中だというのに
東名高速は大渋滞でした。
仕事が終わってそのまま友人と出かけたのですが、
この世のものとは思えない眠気に
運転が相当つらくなり何とか眠気を覚まそうと、
ついタバコを1本もらってしまいました。

このときのタバコの味は最悪で
さらに目眩もして気分が悪くなりました。
逆に運転が辛くなるほどでした。

この時、もう2度とタバコは吸わないと思ったのでしたが、
同時に今までかかっていた魔法は解けてしまいました。

気づいたら元の愛煙家になっていたのです。

その後、なんとなくで何度か禁煙してみましたが、
1週間くらいが限度でした。

禁煙を心に決めたら絶対に1本も吸ってはいけません。
いつでも禁煙できると思わないで下さい。

また元の愛煙家に戻るだけです。







HOME